【バチェラー】黄皓(コウコウ)の筋肉美がやばい!昔はぽっちゃりだった?

有名人

4代目バチェラーは、実業家の黄皓(コウコウ)さんと発表されました。

黄皓さんと言えば、バチェラーの男女逆転版「バチェロレッテ・ジャパン」に参加し、一躍有名に。


黄皓さんは、日本でサブスク型パーソナルジム・エステの会社とオンラインフィットネスサービスを提供する会社を経営している若手実業家。

職業柄なのか、黄皓さん自身も身体を鍛えており、インスタで筋肉美を披露しています。


そこで今回は、

黄皓の肉体美はいかほど?

黄皓は昔ぽっちゃりだった?


について調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

黄皓について

名前:黄 皓(こう こう)

生年月日:1986年9月23日(35歳)
     *2021年10月現在

出身地:中国湖南省長沙市

血液型:B型

身長:181cm

出身校:早稲田大学

黄皓さんは大学卒業後、三菱商事株式会社に就職し、貿易事業を担当していました。

三菱商事に入社した理由は、父親の仕事が貿易と物流だった貿易業務に携われるところでキャリアを積みたかったそう。


当時のことを

自分の時間や労力を掛けてやりたいビジネスが思いつかなかったんです。だから汎用性を重視して、一番つぶしが利いて収入が高い商社を選んだというのが本音ですね。

https://www.onecareer.jp/articles/2089

と話しています。

ちなみに、スマホやパソコンのアップルを開拓したのは黄皓さんです。

黄皓さんは商社時代から先見の明があったのではないでしょうか。


父親が倒れてしまい、会社を継ぐことを決心した黄皓さんは、三菱商事を退社しました。

会社を継ぐ選択した理由として、

私が父に対して強い憧れの気持ちを抱くのは、父の会社が倒産寸前になった過去があり両親が貧乏な生活をしていたにもかかわらず、自分にはその素振りを一切見せず、自分が大学で何不自由なく生活できていたことを知ったからです。その事実を知ったとき、「将来、必ず恩返しがしたい」という思いが湧きました。これが自分の起業の原点です。父の会社を継ぐときもその会社よりも稼いで、恩返しする気持ちもあり、日本で新しい会社を立ち上げたのです。

https://forbesjapan.com/articles/detail/36090/2/1/1

と黄皓さんは語っています。

父親は、黄皓さんに会社を継いでもらいたかったそうなので、とても嬉しかったのではないかと思います。


素晴らしい親孝行の形ですね。

黄皓さんは実業家としての頭角を現し、継いだ中国の会社と日本の2つの会社で年商20億円を稼いでいるそう。

年収で4000万円とも言われています。


バチェラーとしてパートナー探しの旅へと旅立つ黄皓さん。

11月25日から配信されるバチェラーのシーズン4が楽しみですね。

スポンサードリンク

黄皓の肉体美はいかほど?

素晴らしい肉体美ですよね。

流石、サブスク型パーソナルジム・エステとオンラインフィットネスサービスを経営している方ではないでしょうか。


黄皓さんが「ヒューマン・プロデュース・サロン」の事業を始めた経緯は、子供のころの体験が大きな影響を与えているそうです。

来日し、子供のころにいじめにあっていた黄皓さん。

しかし、おろしていた前髪を上げて髪型を変えたところ、周りから「カッコイイ」と評価されることが多くなったんだとか。


その想いが事業にも活きており、コンプレックスを解消した喜びを感じてもらえる機会を提供する場として展開しています。

痩せるというボディの面だけでなく、服装や髪形などフェイスやファッションもサポートし、自分に自信をもってもらうようなサロンになっています。


黄皓さんは、週3回はパーソナルジムに通い、筋肉美を維持しているとのこと。

身体を動かすことが、リフレッシュに一番効果があるそうです。

そこまでガッチリに見えないですが、今ではベンチプレスで100kgを持ち上げることが出来るとのことで、かなり鍛えていることが分かります。

背が高く、程よく鍛えられた肉体美と甘いマスクの黄皓さん。

肉体だけでなく、職業柄スキンケアにも気を使っているそうで、さぞかしモテるのではないでしょうか。

黄皓は昔ぽっちゃりだった?

今は鍛えられた肉体を持つ黄皓さんですが、ぽっちゃり体系だった頃も過去にありました。

失礼なのは承知ですが、30歳の時はゆるんだボディだったなんて衝撃です。


黄皓さんがぽっちゃり体系となってしまった原因は、三菱商事時代のメキシコ駐在で10kgも太ってしまったそう。

メキシコ時代、毎日激務で身体を動かす暇がなく、こんなにも太ってしまったんだとか。


黄皓さんは帰国後、ライザップに通い1年かけて身体を絞ったそうです。

その額、なんと150万円

やっぱりライザップは高すぎですよね・・・。


実は黄皓さんは、ライザップに通いながら、自分でも事業として出来るのではないかと考えたそう。

しかし、パーソナルジムは値段が高く、定着率が悪いのが問題でした。

そこで、黄皓さんは29,800円のサブスクリプションプランを導入することで、圧倒的な定着率を実現しています。


現在、黄皓さんはサブスク型のサロンを都内中心に9店舗に拡大し、事業を着実に成長させています。


ライザップのCMを見ていると、パーソナルジムは効果があるしやってみたいと思いますが、あの値段がネックですよね。

でも、30,000円で毎月通い放題なら、やってみたいと思う人も多いのではないでしょうか。


さらに、ミラーフィットというオンラインサービスでは、さらに低価格で家でトレーニングを出来る環境を提供しています。

コロナでステイホームの機会も増えましたし、通いたくても通えない人もいるでしょうし、家でいつでもトレーニングが出来るのは嬉しいですよね。


黄皓さんの事業はまさに時代にフィットしており、今後さらに拡大していきそうですね。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。


甘いマスクに、程よく鍛えられた筋肉を持った黄皓さん。

しかし、ぽっちゃり体系だったという衝撃の過去もありました。


黄皓さんは、日本で2つの事業を展開し、ボディメンテナンスに携わっています。

時代に合った事業を展開し、今後もさらに事業を拡大していくのではないでしょうか。


黄皓さんは、バチェラーとしてどのような姿を見せてくれるのでしょうか。

バチェラーシーズン4が待ち遠しいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
有名人
Keiをフォローする
~うりずんの風~新しい話題を風に乗せて

コメント

タイトルとURLをコピーしました