京都の紅葉はいつが見頃?紅葉の隠れた名所と穴場まとめ【2021】

旅行

紅葉の名所と言えば、京都

そう答える方は、非常に多いのではないでしょうか。

京都には紅葉の名所がたくさんあります


紅葉シーズンになると、毎年多くの観光客が京都に訪れます。

コロナと言えど、かなりの観光客が京都の紅葉を見に訪れるのではないでしょうか。


京都の紅葉を見るなら、バッチリのタイミングで見たいですよね。

そして、人の少ない隠れた名所や穴場で紅葉を見れたら最高ですよね。


そこで今回は、

2021年京都の紅葉の見頃はいつ?

京都の紅葉の隠れた名所や穴場はどこ?


それらについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

2021年 京都の紅葉の見頃予想

京都では、紅葉の見頃は例年11月上旬頃から12月上旬頃となっています。

ただ、その年の気候によりますので、若干前後することもあります。

洛北

北山区の北大路通りから北側のエリアを指します。

貴船、鞍馬、比叡山あたりまでの範囲です。

比叡山などの標高の高い場所では、11月上旬くらいに見頃を迎えます。

中でも、大原は日本紅葉の名所100選の一つに選ばれています。

洛東

左京区・東山区・山科区の範囲です。

主な観光地は、銀閣寺や清水寺、平安神宮などがあります。

このエリアは非常に交通の便が多いので、多くの観光客が集まります。

紅葉は、11月中旬くらいに見頃を迎えます。

ライトアップをする寺院が多いです。

洛中

だいたい平安京の洛陽部分となります。

北大路通から南、九条通から北、千本通から東、鴨川から西の範囲で、上京区・中京区・下京区・南区の一部が含まれます。

主な観光地は、京都御所、二条城、北野天満宮などがあります。

紅葉は、11月中旬くらいに見頃を迎えます。

洛西

右京区の南部、西京区、向日市、長岡京のエリアとなります。

主な観光地は、嵐山、鈴虫寺、金閣寺などがあります。

紅葉は11月中旬くらいから見頃ですが、標高の高い所は11月上旬くらいから見頃を迎えます。

嵐山も、日本紅葉の名所100選の一つに選ばれています。

洛南

南区の九条通から南側、伏見区、山科区の一部、宇治市の一部のエリアとなります。

主な観光地は、東寺、伏見稲荷、平等院などがあります。

紅葉は、11月中旬くらいから見頃です。 

京都の移動手段は何がおすすめ?

街中の移動であれば市バスがおすすめです。

バスは右往左往と走っているので、電車よりもバスの方が行きやすい場合が多々あります。


一日乗車券は、市バスだけでなく、京都バスやJR西日本バスも使えるので、幅広いエリアをカバーしています。

地下鉄も使われるのでしたら、地下鉄・バス一日券(二日券)もあります。

値段やエリアなどの詳細は、コチラから。

私は以前、京都に住んでいたことがあり、市バスの一日乗車券には本当にお世話になりました。

バスに4回乗れば元が取れるという、700円という破格の価格設定です。(2021年10月1日から一日乗車券が値上げ)

スポンサードリンク

京都の紅葉の隠れた名所や穴場はどこ?

京都の観光はどこへ行こうかと考えるとき、歴史で見聞きした場所に行きがちですよね。

そこでは、間違いなく大量の観光客と、修学旅行生に遭遇することでしょう。


せっかく紅葉を見に行くのなら、人があまりいないところでのんびり見たいですよね。

京都はどこへ行っても人が多いという印象がありますが、実は隠れた名所も意外とあります。


穴場スポットは、京都駅から離れており長時間の移動になることが多いですが、行く価値は十分あると思います。

特に寺院では、美しい庭を散策しながら紅葉を眺めることができ、非日常の時間を楽しめるのではないでしょうか。

修学院離宮(11月中旬~下旬頃)

17世紀中頃、後水尾上皇によって造営された庭園です。

上・中・下の3つの離宮からなり、借景の手法を採り入れています。


参拝には、予約が必要です。

当日予約も可能ではありますが、枠が少ないので、事前予約をおすすめします。

予約方法の詳細はコチラから。

修学院離宮
  アクセス
   叡山電鉄「修学院駅」から徒歩約20分
   市バス「修学院離宮道」から徒歩約15分
   *拝観には事前申し込みが必要(当日可)

法然院(11月中旬~下旬頃)

鎌倉時代初期に浄土宗を開いた法然が修行していた場所です。

朝6時から開いており、早朝の参拝におすすめです。


山門を入ると、両側に白い盛り砂で出来た砂壇があります。

これは水を表し、砂壇の間を通ることで心身の浄化を意味します。

この白い砂と紅葉のコントラストがとても美しいです。

法然院
 アクセス
   市バス「南田町」または「浄土寺」から徒歩約5分

常照寺(11月中旬~下旬頃)

天下の名妓・吉野太夫ゆかりの寺で、吉野太夫が熱心に訪れていたと言われています。


人がいてもあまり気にならない、広い境内です。

紅葉の遅めのシーズンに行くと、散り紅葉が境内に敷き詰められ、まるで赤い絨毯のような様子を楽しむこととも出来ます。

また、桜の名所としても知られています。

常照寺
 アクセス
   市バス「鷹峯源光庵前」徒歩約3分

安楽寺(11月中旬~下旬頃)

法然の弟子である住蓮と安楽が布教拠点にした場所。


落ち着いた雰囲気で、ゆったりと紅葉を見れるスポットです。

お座敷の縁側から眺める紅葉は格別です。


僧侶が、お寺の由緒を講和してくれますので、寺院の知識も深めることが出来ます。

安楽寺
 アクセス
   市バス「真如堂」または「錦林車庫前」から徒歩約15分

圓光寺 (11月中旬~下旬頃)

始まりは、徳川家康が開いた洛陽学校でしたが、明治以降には尼寺の修行道場でした。


障子を額縁に見立てた絵の様な紅葉の景色が見れる、「額縁紅葉」として有名です。

2013年に造られた、枯山水「奔龍庭(ほんりゅうてい)」も美しいです。

白砂を雲海に見立て、天空を自在に奔る龍を石組で表したとされています。

圓光寺
 アクセス
   叡山電鉄「一乗寺駅」から徒歩約15分
   市バス「一乗寺下り松町」から徒歩約10分

*2021年はコロナの影響により、事前予約が必要となっています。

松尾大社(11月下旬頃)

京都最古の神社として有名で、お酒の神様が祀られています。


来年の干支の巨大絵馬があるのも特徴。

紅葉の数は多くありませんが、近くの嵐山に多くの人が流れるので、落ち着いて紅葉を楽しむことができます。

松尾大社
 アクセス
   阪急電鉄「松尾大社駅」から徒歩3分

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

京都の紅葉は年によって若干ずれますが、11月中旬から下旬に行くのが良さそうです。


秋の京都は、観光客だけではなく、修学旅行生も数多く訪れる場所となります。

静かにゆったりと見るためにも、紅葉の隠れた名所や穴場は絶対押さえたいですよね。


京都は、市バスの本数が多く、紅葉の季節は遅れることも多いので、しっかりと系統番号を見て、本当に目的地に行くバスなのかを確認して乗ってください。

紅葉シーズンの素敵な京都観光をぜひとも楽しんでくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅行
Keiをフォローする
~うりずんの風~新しい話題を風に乗せて

コメント

タイトルとURLをコピーしました