腰痛改善には軟酥(なんそ)の法が有効!歩けないくらいの痛みも良くなる!

健康

軟酥の法とは、江戸時代中期の禅僧であった白隠禅師が、禅病を治した方法として知られています。

具体的なやり方は、白隠の著である「夜船閑話(やせんかんな)」の中に収められています。


禅病とは、禅の修行をし過ぎて、心身の状態が悪くなることを言います。

禅病の症状は、気功で言う気の上がった状態をいい、激しい頭痛やうつ状態など、精神的にも肉体的にも辛い症状が出てくるそうです。


私は、痛くてまともに歩けないくらいのひどい腰痛に悩まされた時期がありました

しかし、軟酥の法を実践することで、つらい腰痛を改善することが出来ました。

軟酥の法は腰痛をはじめとした、病気や不調に効果があると言われています。


そこで今回は、

軟酥の法のやり方は?

病気や不調に効果があるって本当?


ついて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

「軟酥」とは何?

白隠禅師について

白隠禅師は、1685年に現在の静岡県沼津市に生まれ、臨済宗の中興の祖とも言われる江戸中期の人物です。

当時、低迷していた臨済禅を蘇らせた名僧と言われています。


白隠は熱心に禅の修行に取り組んでおりましたが、その熱心さが故に、禅病となってしまうのでした。

禅病を治すために、多くの名医を訪ね、様々な治療法を試しましたが、一向に良くなる気配がありませんでした。


困り果てた白隠は、とある仙人の噂を聞き、はるばる京都白川の山奥にある洞窟へと向かいました。

そこに住んでいた白幽仙人から、「軟酥の法」と「内観の法」を授かりました。

白隠はそれらを実行することにより、3年も経たないうちに禅病を克服することができました。


そして、同じように禅病で苦しむ弟子にも、「軟酥の法」と「内観の法」を伝えたところ、2~3週間で治ったそうです。

この話をまとめたものが、「夜船閑話」となります。

軟酥とは?

酥(そ)とは、牛乳を煮詰めて造った古代のバターのようなものです。

軟酥、すなわち、軟らかい酥という意味ですので、とろけるチーズやバターのようなものです。

この軟酥は、あらゆる病を洗い流してくれる秘薬なのです。


「軟酥の法」では、実際に軟酥を使うのではなく、軟酥の秘薬をイメージして行います。

「軟酥の法」のやり方は?

やり方はシンプルで簡単です。

まずは、楽な姿勢をとってください。

立った状態でも、座った状態でもかまいません。

体調が優れなかったり、寝る前に行う場合は、寝たままで行っていただいても大丈夫です。


深呼吸を何度か行い、身体の力みがない状態にします。

こぶし大くらいの軟酥が、頭の上に乗っているとイメージをします。

ゆったりと呼吸をしながら、軟酥がゆっくりと溶けて、下に流れ落ちるイメージをしていきます。


そのイメージは3つに分けて行います。

  1. 身体の表面を、軟酥が下に流れ落ちるイメージ
  2. 身体の中で、軟酥が下に流れ落ちるイメージ
  3. 骨をつたって、軟酥が下に流れ落ちるイメージ

基本的には、この3つのイメージを順番に1回ずつ行っていきます

イメージですので、あまり難しく考えずに、気楽にやっていただいて大丈夫です。

なんとなく流れが悪いと感じたときには、流れが良くなるまで何度か行ってください

軟酥を全身に流す際は、身体の隅々まで流すよう、時間をかけてゆったりと行います。

イメージしづらい人は、手で軟酥の流れを誘導しながらやると良いでしょう。

スポンサードリンク

病気や不調の改善に効果があるって本当?

軟酥の法は、気功のテクニックの一つと言われており、心身のデトックスや自然治癒力を高める方法です。

誰にでもできるシンプルで簡単な方法ですが、その効果は絶大です。

軟酥の方の効果
  • 自然治癒力向上
  • 病気平癒
  • 難病治療
  • 免疫力向上
  • 精神安定

具体的には、うつ病やノイローゼ、不眠症、自律神経失調症などへの効果が期待できます。

さらには、統合失調症や発達障害などによる症状を緩和する効果もあります。


肉体的な不調ですと、頭痛や耳鳴り、めまい、吐き気、肩こり、腰痛などの改善が期待でき

また、癌の痛みの軽減にも効果があるそうです。

なぜ、このような効果が出てくるのかというと、「軟酥の法」とは、ストレスやイライラした気持ちを鎮静化させる効果があるからなのです。

ヨガの瞑想や座禅にも同じような効果がありますが、「軟酥の法」は軟酥の秘薬をイメージして使うことで、心身に対する治療効果を高めています。

私も「軟酥の法」を実践しましたが、腰痛への効果を実感しました。

一時期、歩くだけでも激痛が走るほどの腰痛でしたが、今では日常生活に支障が出なくなるほどまでに改善されました。

腰痛が良くなっても、寝る前に布団の上で「軟酥の法」を続けるようにしています。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「軟酥の法」自体は難しくはないとは思うのですが、最初は軟酥が流れるイメージを掴むのに苦労するかもしれません。

あくまで心身のデトックスをすることが目的ですので、あまり深く考えずに、リラックスしてやるようにつとめてください。


そして、すぐに 病気や不調の改善に効果が出るわけではありませんが、とにかく続けることが大事です。

最低でも1日1回は行い、習慣化してみてください。

特に、寝る前に行うと、そのまま気持ちよく眠りにつけると思います。


「軟酥の法」を心身の健康法として取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康
Keiをフォローする
~うりずんの風~新しい話題を風に乗せて

コメント

タイトルとURLをコピーしました