プロテインダイエットは太るって本当?痩せるための効果的な飲み方は?

健康

プロテインは、コンビニなどでも手軽に購入できる商品ですよね。

プロテインは、筋トレする人が飲むものと思っている人も多いと思います。


プロテインは、英語で「タンパク質」という意味で、筋肉だけでなく健康や美容にも効果があります。

プロテインには様々な種類があるので、用途に合わせて選ぶ必要があります。


プロテインダイエットは太るとよく聞きますが、実際どうなのでしょうか?


そこで今回は

プロテインダイエットは太るって本当?

プロテインダイエットで痩せるための効果的な飲み方は?


について調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

プロテインについて

プロテインの摂取は、女性にとっても嬉しい効果がたくさんあります

なぜなら、タンパク質は、筋肉や内臓、肌、髪、酵素、ホルモンのもとになるもの。

ですので、ダイエット効果や美しいボディラインを作るには必須アイテムです。


市販のプロテインは、加工食品であり次のような特徴を持っています。

  • タンパク質を多く含んだ原材料(乳製品や大豆など)から余分な糖質や脂質を除去している
  • 必要なビタミンやミネラルを添加している

したがって、健康や美容のためにプロテインを取り入れることは、メリットだらけなのです。


プロテインには大きく分けて3つの種類があります。

ホエイプロテイン

牛乳を原料としたホエイプロテイン。

母乳の成分に近いので、低カロリーで栄養が凝縮しているため吸収が早いのが特徴です。

ホエイは牛乳のタンパク質の約2割の成分であり、乳脂肪分やカゼイン(水に溶けないタンパク質)を取り除いています。


ホエイプロテインの特徴として、筋肉の合成に最重要なアミノ酸のロイシンが豊富であり、効率よく体内で利用できることが特徴です。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインの原料も牛乳です。

カゼインは、牛乳からホエイと脂肪分を取り除いた後の固形成分で、牛乳のタンパク質の約8割です。

ガゼインは凝固するタンパク質で、これを利用して、チーズやヨーグルトを固めています。


カゼインプロテインは、グルタミンが多く含まれており疲労回復に効果があります。

7~8時間かけてゆっくりと吸収されるため、腹持ちが良いので空腹対策にはぴったりです。

ソイプロテイン

ソイプロテインは、その名の通り、大豆を原料としたプロテインで植物性のタンパク質です。

大豆イソフラボンも豊富に含まれているので、美容にも効果があります。


ソイプロテインは、摂取してから吸収されるまで5~6時間かかると言われており、腹持ちが良いです。

特徴としては、アミノ酸が豊富に含まれており、脂質が少ないです。


日本人は牛乳を原料としているホエイやカゼインプロテインに含まれている乳糖を消化吸収できない人が多いので、乳製品が苦手な人でも使用できるプロテインです。


したがって、ダイエットという観点から考えるとカゼインプロテインかソイプロテインがベストです。

プロテインは筋トレで飲むものと思っている人も多いですが、良質なタンパク質とその他の栄養素も含まれている「サプリメント」の面があります。

飲むだけで出来る美容対策なので、手軽に出来て嬉しいですよね。

スポンサードリンク

プロテインダイエットは太るって本当?

プロテインの原料であるタンパク質は、他の栄養素と比べて脂肪に変換されにくいので、エネルギーとして消費されます

余ったタンパク質は尿として排出されるので、体内で貯えることは出来ません


タンパク質自体は低カロリーで、1gあたり4kcalです。

甘い味のプロテインもたくさん出ているので、間食のおかし代わりとしてプロテインを飲むことをおすすめします。

スイーツを食べるより、カロリーを抑えられるのは間違いなしですよね。


肉類や乳製品といった動物性のタンパク質は脂質が多いので、取りすぎると太る原因となってしまいます。

タンパク質自体は太らないと言っても、摂りすぎは身体によくないので、自分の体重や運動量に合う適正量を摂取するようにしましょう。


牛乳は低カロリーとは言えませんので、太ってしまう原因になりかねません。

プロテインを大量に飲む場合は水や低脂肪乳、豆乳で溶かした方がいいですね。


ダイエット中は、甘いものを制限しようと思ってもうまくいかずに、誘惑に負けて食べて失敗・・・というのはよくある話です。

そんなときに甘い味のプロテインを飲めば、間食するのを回避することが出来ますね。

また、腹持ちも良いので、お腹がすいて眠れない夜などにも使えるのではないでしょうか。

プロテインダイエットで痩せるための効果的な飲み方は?

プロテインダイエットで1食分まるまる置き換えるのはNGです。

バランスの良い食事を摂りながら、無理のない範囲で食事量を減らし、その分をプロテインで補うと効果が出やすいです。


とは言っても、毎食バランスの良い食事を摂るのは現実的に難しいですよね。

プロテインには、タンパク質だけでなく、ミネラルやビタミンが含まれています

そこで、バランスを補うためにプロテインを使うというのも一つの手です。


また、筋肉量を増やすことで代謝がアップするので、プロテインを飲むだけでなく適度な運動を心がけるようにしましょう。

ウォーキングなどの有酸素運動を20分以上するだけで脂肪燃焼効果がアップします。


わざわざ運動の時間を取るのは挫折しがち。

通勤や仕事中になるべく歩くように意識すれば、達成しやすいのではないでしょうか。

おすすめプロテイン3選

明治 ザバス(SAVAS) for Woman シェイプ&ビューティ ミルクティー風味

大豆プロテインだけでなく、美容に嬉しい「フィッシュコラーゲン」も含まれています。

また、6種のビタミンB群とビタミンA、C、D、Eに加えて、カルシウム、鉄、マグネシウムも加えているので、食事で不足している栄養素やミネラルを補うことが出来ます

シェイカーを使わなくても、グラスやコップで溶かすことが出来るのも魅力です。

リムアップスリムシェイプ コラーゲン イン プロテイン

大豆プロテインに加え、コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸などの美容に嬉しい成分が含まれています。

ピーチ味で飲みやすく、甘いものが欲しくなった時にピッタリです。

EX SMOOTHIE ミックスベリー

チアシードが含まれており、飲みごたえがしっかりとあるため、満腹感が感じやすいです。

栄養素が豊富で、80種類の野菜・フルーツ粉末、たんぱく原料として、大豆・おから、ビフィズス菌約12億個配合されています。

栄養が偏りがちな食生活の方には特におすすめです。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。


プロテインは筋トレする人が飲む人と思いがちですが、美容や健康維持にも効果があります。

上手に取り入れれば、ダイエット効果にも期待が出来ます。

タンパク質だけでなく、ビタミンやミネラルなどを含んだサプリメントとして使えるので、栄養が偏りがちな食生活を改善することも出来ます。


ぜひ、ダイエットだけでなく、美容のためにもプロテインを取り入れてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康
Keiをフォローする
~うりずんの風~新しい話題を風に乗せて

コメント

タイトルとURLをコピーしました