新庄剛志が愛するラーメン店3つ!現役時代に通って食べていた思い出深い味だった!

グルメ

新庄剛志が愛するラーメン屋3軒

新庄剛志さんの好物の一つがとんこつラーメンです。

現役時代のときは、阪神タイガース時代と北海道日本ファイターズ時代にそれぞれいきつけのラーメン屋が3つありました。

  1. 芦屋ラーメン庵
  2. すみれ
  3. 味の時計台

スポンサードリンク

新庄剛志が愛したラーメン屋(1)芦屋ラーメン庵

2021年9月26日に放送された「里帰り代行します」で紹介された、兵庫県芦屋市にある芦屋ラーメン庵

新庄剛志さんは、タイガース時代にドラフト同期入団の吉田浩さんと、プロ入り間もない頃通っていたラーメン屋なんだとか。

二人は、試合の後にラーメンを食べながら夢を語り合ったと言います。

新庄剛志さんがお気に入りだったのは、「芦屋ラーメンもと醤油(とんこつ醤油)」で、創業時からの定番メニューだったそうです。

芦屋ラーメンもと醤油

芦屋ラーメン庵は、1987年に芦屋市宮塚町で創業し、現在は関西屈指のラーメン激戦区であるラーメン街道に店舗があります。

ラーメン街道とは、大阪~兵庫間の国道2号線のことを指し、ラーメンの名店が多い場所として知られています。

芦屋ラーメン庵の店長は、初めて新庄剛志さんが来店したときに、「うわ!変なんきた!」と思ったんだとか。

新庄剛志さんは入団会見から個性が強かったですので、第一印象として当然の感想かもしれませんね。

芦屋ラーメン庵のこだわりは、早朝からコトコトと炊いている手作りのスープです。

豚骨・鳥もみじ・たっぷりの野菜・かつおぶしなど、新鮮な材料を使い、きめ細やかな火力調整で炊き上げています。

麺は、3種類の小麦粉を配合し、内モンゴルにある天然かんすいと岩石を砕いて出来上がる天然塩をミックスして作られたこだわりの自家製麺です。

店舗名芦屋ラーメン庵
所在地兵庫県芦屋市宮塚町2-3-101
アクセスJR芦屋駅から徒歩4分
電話番号0797-22-8363
営業時間 11時~翌2時
(兵庫県新型コロナ対策適正認証店として現在は11時~23時までの営業)
定休日月曜(月曜が祝祭日の場合は営業)

※最新の営業時間や定休日に関しては、店舗のツイッターまたはインスタで確認を。

駐車場は、近隣のコインパーキングを利用してください。

(下記の駐車場でなくても対応してくださるそうです。)

  1. タイムズ芦屋宮塚町
  2. パークマン打出小槌町(旧:タイムズ打出小槌町第2)
  3. ウエストパーク上宮川

駐車証明書を店舗に持参すると、100円分の駐車サービスを受けられます。

スポンサードリンク

新庄剛志が愛したラーメン屋(2)すみれ

監督就任会見で、新庄剛志さんが北海道で食べたいものの一つに挙げていたのが、「すみれラーメン」でした。

実は、森本稀哲さんから監督就任祝いで札幌で奢るという話になったときもリクエストしていたんだとか。

すみれラーメンとは、「すみれ」という味噌ラーメン屋のこと。

札幌市内に3店舗、神奈川県横浜市内に1店舗を構え、札幌味噌ラーメンの代表とも言えるご当地ラーメンです。

いつも行列が出来る人気店で、ファイターズ前監督の栗山英樹さんもよく通っていたそうです。

すみれの味噌ラーメン。

濃厚な味噌味にコシのある太めの熟成玉子ちぢれ麺、もやしなどの野菜たっぷり入ったのが特徴です。

セブンイレブンでは、すみれが監修した商品を販売しています。

すみれは、神奈川県にある新横浜ラーメン博物館に出店して話題となり、札幌の店舗も大きく拡大していったそう。

現在、横浜にある店舗は、新横浜ラーメン博物館から桜木町へと移転しています。

店舗名すみれ 中の島本店
所在地〒062-0922 北海道札幌市豊平区中の島2条4丁目7-28
アクセス地下鉄南北線 中の島より徒歩10分
電話番号 011-824-5655
営業時間 4~10月(夏時間)11:00~15:00 16:00~21:00
11~3月(冬時間)11:00~15:00 16:00~20:00
※夏・冬時間共に土・日・祝は通し営業
定休日年中無休
駐車場

店舗名すみれ すすきの店
所在地〒060-0063 札幌市中央区南3条西3丁目9-2 ピクシスビル 2F
アクセス地下鉄南北線すすきの駅より徒歩1分
電話番号011-200-4567
営業時間17:00~23:00
定休日日曜定休
駐車場
店舗名すみれ  里塚店
所在地〒004-0801 札幌市清田区里塚1条4丁目15-45
アクセスJR千歳線 上野幌駅からタクシー
北海道中央バス 113 大曲光線 美里団地 徒歩3分
北海道中央バス 113 大曲光線 三里塚小学校 徒歩4分
電話番号011-375-7090
営業時間11:00~21:00
(平日休憩:16:00~17:00)
定休日年中無休
駐車場
店舗名すみれ  横浜店
所在地〒231-0064 神奈川県横浜市中区野毛町1丁目26-5 野毛サーク1F
アクセスJR京浜東北線・横浜市営地下鉄ブルーライン 桜木町駅 徒歩2分
京急本線 日ノ出町駅 徒歩6分
みなとみらい線 馬車道駅 徒歩7分
電話番号 045-315-2252
営業時間11:30~15:30
17:00~22:00
定休日木曜定休(祝日の場合は営業)
駐車場

すみれ横浜店は、飲兵衛の聖地と呼ばれる野毛エリアにあります。

飲んだ後のシメの一杯にいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

新庄剛志が愛したラーメン屋(3)味の時計台

同じく監督就任会見で挙げたのが、「時計台のみそコーンバターラーメン」でした。

時計台とは、「味の時計台」という北海道を中心に展開するチェーン店で、味噌ラーメンが一番人気なんだとか。

北海道の食のイメージである、コーンやバター、ほたてなどのトッピングとの相性も抜群です。

「味の時計台」を運営している時計台観光は、横浜家系ラーメン「魂心家」も展開しており、「味の時計台」と「魂心家」を融合させたとんこつみそラーメンの新ブランド「アジノトケイダイ」も展開しています。

現在、「味の時計台」と「アジノトケイダイ(通称:アジトケ)」は、北海道内で24店舗、道外で5店舗、台湾に1店舗あります。

「味の時計台」の直営店は現在3店舗で、ほとんどがフランチャイズだそうです。

どうやら、新庄剛志さんが監督就任会見で宣伝効果があったため、会見翌日から味の時計台は大混雑しているんだとか。

さすがビッグボスですね。

味の時計台、アジノトケイダイ

各店舗の詳細は公式サイトから。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。


新庄剛志さんの好物の一つがとんこつラーメンで、現役時代にお気に入りのラーメン屋がありました。

タイガース時代は「芦屋ラーメン庵」、ファイターズ時代には「味の時計台」と「すみれ」でした。

監督就任後も北海道のお気に入りのラーメン屋に行かれるのではないでしょうか。





スポンサーリンク
スポンサーリンク
グルメ
Keiをフォローする
~うりずんの風~新しい話題を風に乗せて

コメント

タイトルとURLをコピーしました