ファミマの水は美味しくてお得!美容にも良いおすすめは〇〇だった!

グルメ

ファミマのPBの水は、「津南」「霧島」「安曇野」の3種類があります。

PBの水でこんなにも種類を置いているのはファミマくらいですよね。

そのときに必要な量に合ったサイズで銘柄を選んだり、なんとなく直感で選んでいる人もいると思います。


3つの水は硬度が異なり、飲み比べてみると味にも違いがあるのです。

その中には、美容や健康に良いシリカが豊富に含まれている美味しい水があります

そして、お得に買う方法までも存在するという、ファミマが神レベルだったりします。


そこで今回は

ファミマの美容や健康にも良い美味しい水はどれ?

ファミマの水のお得な買い方は?


について調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

水の美味しさは何で決まる?

そもそも水の美味しさは何で決まるのでしょうか。

おいしい水とは「ミネラル・硬度・炭酸ガス・酸素を適度に含んだ冷たい水」と言われています。

水自体にはほぼ味は無く、味はミネラルなどの成分で左右されます。


美味しい水の特徴として、

  • カルキ臭(残留塩素)などの嫌なニオイがない
  • 口当たりが良く、適度な飲みごたえがある
  • 喉越しが良く、すっきりした後味が感じられる
  • ミネラルのバランスが取れている
  • 炭酸ガスや酸素による清涼感が適度にある

と言われています。


ただし、水の美味しさは個人によって感じ方が異なるため、一概には定義できません。

美味しい水は、「多くの人が飲んでまずくないと感じる水」という方がしっくりくるかもしれません。

ミネラルの一種、シリカとは?

シリカとは、ケイ素のこと。

シリカは人体に約18g含まれており、あらゆる臓器の老化や酸化を防いでくれるものです。

皮膚や血管、毛髪、細胞壁などに多く存在し、健康維持には欠かすことのできないミネラルとして注目を浴びています。


体内のシリカの貯蔵量は年齢とともに減少し、体内で作ることも出来ないため、食事などから摂取する必要があります

シリカが多く含まれる食物は、麦やじゃがいも、青のりなどです。

最近では、飲料やサプリメントでシリカを摂取できるようになっています。

スポンサードリンク

ファミマPBの3種類の水の違いは?おすすめはどれ?

ファミマには、「津南」・「霧島」・「安曇野」という3種類の水が置かれています。

まずは、それぞれの成分の違いをまとめていきます。

津南

https://www.family.co.jp/goods/drink/4251903.html

新潟県の津南の水は、「水の郷百選」に選ばれている名水です。

魚沼産コシヒカリの産地としても有名な地域で、日本酒作りも盛んです。


津南は、370mlと600mlとあり、軟水です。

成分は

ナトリウム:0.3mg
カリウム:0.1mg
カルシウム:0.5mg
マグネシウム:0.1mg
硬度:17mg/ℓ

となっています。

霧島

https://www.family.co.jp/goods/drink/4251903.html

霧島山系の地層が磨き上げた美味しい水なんだそう。

「そもそも霧島山ってどこ?」と思うかもしれませんが、鹿児島県と宮崎県にまたがっています。

かの有名な芋焼酎の「黒霧島」を造っている霧島酒造の霧島ですね。


霧島は、600ml・1020ml、九州・沖縄限定で2000mlとサイズがあり、中硬水です。

成分は

ナトリウム:26mg
カルシウム:3.0mg
カルシウム:3.0mg
カリウム:0.8mg
シリカ:69 mg/ℓ
硬度:150 mg/ℓ

となっています。

シリカは高級な水に含まれているイメージですが、ファミマの水に含まれているのは驚きですね。

安曇野

https://www.family.co.jp/goods/drink/4251958.html

北アルプスの麓、安曇野穂高地区の美味しい水なんだそう。

安曇野は長野県ですね。


安曇野には2000mlの大きいサイズのペットボトルのみで、軟水です。

成分は

ナトリウム:0.74mg
カリウム:0.1mg
カルシウム:1.1mg
マグネシウム:0.11mg
硬度:31mg/ℓ

となっています。

結局、美味しくておすすめの水は・・・?

美味しくておすすめの水は、ずばり、「霧島」です。

美容や健康に良いシリカが含まれているのはもちろんですが、水のプロもおすすめする一品だったりします。

とあるランキングでは、3位にもランクインしている、コンビニの水としてはハイクオリティです。


硬水と言えばエビアンなど海外の水をイメージする人も多いのではないでしょうか。

硬水はミネラルが豊富で身体に良いですが、独特のクセがあるのも特徴です。

霧島は中硬水なのでかなり飲みやすいです。


硬水のメリットは、ミネラルが豊富なので、

  • 動脈硬化の予防
  • 便秘解消

というメリットもあります。


ミネラルは体内で作ることが出来ないので、食事で補給しなければなりませんが、なかなかそこまで考えて食事をするのは難しいと思います。

水を飲むだけでミネラルを補うことが出来るのは嬉しいですよね。

スポンサードリンク

ファミマの水のお得な買い方は?

ファミマの「ボトルキープサービス」を利用することで、600mlのペットボトル24本を5本分お得な金額で購入することが出来ます。

1本100円(税込)なので24本の本来価格は2400円(税込)ですが、このサービスでは1900円(税込)となります。

ボトルキープサービスの内容

水とお茶のボトルキープサービスがあり、対象商品がいくつかあります。

なお、このサービスの有効期限は180日なので、約半年です。

ファミマによく行くは、すぐに使い切ってしまいそうですね。

水キープ

ファミコレの水「霧島」と「津南」の各600mlのペットボトル2種類です。

お茶キープ

ファミコレのお茶(一部地域限定商品)の各600mlのペットボトル7種類です。

  • 緑茶
  • 麦茶
  • 烏龍茶
  • ジャスミン茶
  • さんぴん茶
  • アールグレイティー
  • ルイボスティー

ちなみに、ジャスミン茶は沖縄県になくて、さんぴん茶は宮崎県・鹿児島県・沖縄県限定だそうです。

ボトルキープサービスの購入・利用方法

ファミマのアプリ「ファミペイ」の「クーポン・回数券を買う」から購入できます。

店舗での販売はありませんので、注意が必要です。


色々なクーポンを配信しているので、ファミマに行く人はファミペイは必須アイテムです。

ファミペイの詳細はコチラから。


ファミペイの利用方法は次の通りです。

https://www.family.co.jp/campaign/spot/2021_40th/iikoto/bottlekeep.html

また、このクーポンは、友人や家族などにプレゼントすることも可能です。

ファミペイから、ラインやメールで簡単に送ることができます。


ファミペイを登録しなければいけないという手間はありますが、このボトルキープサービスを使えば1本あたり80円で購入することができます

コンビニで20円も値引きされるなんて、すごいですよね。

家から飲み物を持って行っても出先で飲み切ってしまい、ペットボトルを買うこともしばしばあるので、これはありがたいサービスです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。


ファミマPBの水「霧島」には、美容や健康に良いシリカが含まれており、水の専門家からも美味しいと言われているコスパの良い商品です。

また、ファミペイの「ボトルキープサービス」を利用すれば20円引きで購入することも可能です。

コンビニでよく水を買う人は、利用価値が非常にあるサービスですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グルメ
Keiをフォローする
~うりずんの風~新しい話題を風に乗せて

コメント

タイトルとURLをコピーしました