お風呂のカビにはキッチンハイターがあれば十分!確実に落とす方法は?

掃除

どうやっても出来てしまうお風呂のカビ。

一度カビが出来てしまうと、スポンジでどんなにこすっても取れないですよね。

カビを除去するために、カビ取り用の洗剤が必要になってくると思いますが、色々と問題が発生すると思います。


例えば、

  • 色々な種類があるからどれがいいのか分からない
  • スプレータイプやジェルタイプなどの使い分けが面倒
  • 洗剤を増やすと収納がかさばる

ではないでしょうか。


カビ落としには専用洗剤が必要だと思っている方も多いと思います。

しかし、実際は専用のカビ取り剤が無くても、キッチンで使っているハイター(塩素系漂白剤)で代用できることを知っていましたか。

もちろん、お風呂のガンコなカビも落とすことが出来るのです。


そこで今回は、

お風呂のカビ取りには、ハイターが有効という話は本当?

について解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

お風呂のカビ取りには、ハイターが有効という話は本当?

酸素系漂白剤と塩素系漂白剤

ご存じの通り、漂白剤には2種類あります。

それは、酸素系漂白剤と塩素系漂白剤です。

どちらもカビ取りに使うことができる漂白剤です。


私は以前、酸素系漂白剤を使ってカビ取りをしたこともありましたが、塩素系漂白剤に比べて効果がマイルドだな・・・というのが率直な感想です。

ちょっとしたカビなら酸素系漂白剤で十分落とすことは出来ます。

しかし、ガンコなカビになってくると、塩素系漂白剤を使って落とした方が確実に落とせることが分かりました。


それ以来、塩素系漂白剤が使える部分のカビ取りに関しては、最初から塩素系漂白剤で落とすことにしています。

塩素系漂白剤はその効果は強力ですが、強力ゆえに、使い方には十分な注意が必要です。


使用時の注意点として、

  • 換気をする
  • 炊事用手袋、ゴーグル、マスクを着用する
  • 酸素系の洗剤と混ぜない

です。


あの独特なニオイは、人体には良いものではありません。

ずっと嗅ぎ続けると気分が悪くなりますので、換気は必須です。


カビ取りをする部分が増えれば増えるほど、その作業に時間がかかりますので換気はとても重要になってきます。

窓があるなら開け、ない場合は、お風呂場の扉は閉めずに開けておきましょう


知人の依頼でお風呂場のカビ取りをしたとき、カビが多すぎて作業に時間がかかってしまい、ハイターのニオイを嗅ぎ続けてしまいました。

その結果、気分が悪くなったことがあり、吐き気がしたことがありました。


気分が悪くなったら無理して続けることはしないで、外に出て新鮮な空気を吸いましょう


また、個人的な注意点としては、服に付く心配があるので、ダメになってもいい服を着用して使用するようにしてくださいね。

知らないうちに飛んでしまって、服が脱色してしまいました・・・。

スポンサードリンク

ハイターを使用したお風呂のカビ取り方法

掃除をしていても出来てしまうカビ。

お風呂に入ったあとは、お湯で壁などを流してはいたのですが、出来てしまいました。

この部分は、シャンプーラックを置いているので、カビが出来やすい箇所となってしまったようです。


ご覧の通り、コーキング部分や壁に黒カビが出来てしまいましたので、今回はこのカビを落としていこうと思います。

カビ取りに必要な道具は、キッチン用のハイターとキッチンペーパーの2点です。


具体的なカビ取りですが、以下の通り非常に簡単な方法です。

  1. カビ取りを行う部分の水分を布で拭き取る
  2. バケツや洗面器に、少量のハイターを入れる
  3. キッチンペーパーを半分のサイズに切り、こよりを作る
  4. 1に浸す
  5. カビの部分に押しつけながら貼り付け、放置する

こよりにしたキッチンペーパーを使うことで、カビの部分にしっかりとハイターが染みこませることができます

ちなみに、スプレータイプのカビ取り剤を使う場合も、こよりを使用することで液剤をしっかりとカビに染みこませることが出来るます。


あと、放置時間は長めの方がいいです。

時間が短いと、ガンコなカビはしっかりと落とすことが出来ません。


ちなみに、今回行ったこのカビ取りは、朝に仕込んで夕方に外しました。

実質、9時間ほど放置しましたが、最低でも2時間は放置することをおすすめします。

長期間放置したガンコなカビの場合は、6時間くらいは放置した方がいいと思います。


ハイターを使ったカビ取りを行った結果がこちらです。

ご覧の通り、コーキング部分のカビもキレイに取れていることが分かると思います。


このように、カビ取り剤を使わなくても、キッチン用のハイターがあればカビを取り除くことができます。

ちなみに、壁に付いていたカビは、スポンジでこすって落とすことも出来ますが避けた方が無難です。

なぜなら、カビが広がってしまう可能性があるからです。

カビ取りに使用したこよりのキッチンペーパーで拭き取りました。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。


掃除をしていても、いつの間にか出来てしまう黒カビ。

専用のカビ取り剤が無くても、家にあるもので簡単に取り除くことができます。

それが、今回紹介したキッチン用のハイターとキッチンペーパーを使用した簡単なカビ取り方法です。


時間が経ってしまうと、どんどんカビを取りづらくなってしまいます。

カビが出来たことに気付いたら、なるべく早くカビ取りを行うことをおすすめします。


やっぱり、カビのないお風呂は使っていて気持ちが良いですよね。

ぜひ、お風呂に出来てしまったカビに、今回のカビ取り方法を試してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
掃除
Keiをフォローする
~うりずんの風~新しい話題を風に乗せて

コメント

タイトルとURLをコピーしました