食器の油汚れをすっきり落とす方法は?重曹とセスキどちらがおすすめ?

掃除

毎日する家事の一つである、食器洗い。

油汚れがすっきり落ちず、何度も洗うこともしばしば

そのため、いつも以上に時間がかかってしまい面倒だと思いますよね。


高い食器用洗剤であれば油汚れに強いけれど、コスパが良くないし・・・

合成洗剤の成分のことを考えると、身体に良くないものでちょっと心配・・・

と考えている方も多いのではないでしょうか。


そこで、毎日しなくてはならない食器洗いに、お財布と自然に優しいナチュラルクリーニングを取り入れられたら嬉しいですよね。


油汚れに強いナチュラル洗剤と言えば、アルカリ性の性質を持つ重曹とセスキが定番です。

でも、食器洗いに使うナチュラル洗剤としては、重曹とセスキのどちらが良いのか悩みませんか?


そこで今回は、

油汚れに強くて食器洗いにオススメなのは、重曹とセスキのどちらが良いの

について、実際に実験をしながら解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

食器洗いには、重曹とセスキのどちらがいい?

どうしてアルカリ性は油汚れに強い?

ナチュラルクリーニングを扱っているサイトでよく書かれていますが、「油汚れは酸性だから、アルカリ性で中和して落とす」というのは間違っています

実際に、酸性の汚れと言えるのは、皮脂汚れくらいです。


酸性やアルカリ性の定義は以下の通りです。

酸性:水溶液にしたときに、水素イオンが発生する物質

アルカリ性:水溶液にしたときに、水酸化イオンが発生する物質



水溶液とは、水に物質を溶かして出来るものなので、そもそも、水に溶けない油が酸性であるわけがないんです。

一方で、皮脂は水で取り除けますよね。

したがって、油汚れにアルカリ性の物質を使って落とすのは、中和という化学反応を起こしているわけではないのです。


では、どうして落ちるのでしょうか。

それは、油汚れに対してアルカリ性の物質が反応することで、一部の油から石けんができ、水に溶けるようになるからなのです。


手に付いた油汚れを水で洗っても取れませんが、石けんや洗剤を使って洗うと落ちるのは、まさにこの現象が起きている状態です。

ちなみに、水と油が混ざる現象を乳化と呼びます。

スポンサードリンク

油汚れを重曹とセスキで落としてみる実験

実際に、重曹とセスキを用意し、油汚れに効果があるのかを試してみました。

たまたま手元に用意できたのが、しぐれ煮を入れていたタッパー(笑)

そこまで油汚れが強烈ではないですが、これで試してみたいと思います。


水を付けてみると、しっかり弾いていますので、油が付いていることが確認できます。

まず、重曹水を付けてみます。

タッパーの下に溜まっているのが、アルカリ性で乳化したものです。

違う面に、セスキ水を付けてみると、同様に乳化したものが付いています。

水で流したあとに、重曹とセスキの面を触ってみると、最初と比較すると明らかに油が落ちているのが分かりました。

重曹よりもセスキの方が油が落ちているようです。


この後は、通常の食器洗い(私の場合は、台所用の固形石鹸をスポンジに付けて洗う)を行うと、重曹とセスキを付けた面はすっきりと油汚れを落とすことができました。

一方、何も付けなかった面は、固形石鹸だけでは油汚れを落としきることが出来ませんでした。


ところで、重曹よりもセスキの方がより油汚れを落とせたのは、アルカリ度が関係しています。

アルカリ度は、重曹よりセスキの方が高いので、セスキの方がより油汚れを落としやすいのです。

ちなみに、水溶液のpHですが、重曹はpH8.2で、セスキはpH9.8となっています。

実用的な食器洗い方法の考察

確かにセスキの方が油汚れに強いのは事実ですが、セスキだけで完璧にガンコな油汚れまで落とせるかというと疑問が残ります。

さらに強烈な油汚れになると、心もとない感じがしますよね・・・。


ところで、油はお湯の方が落ちやすいことは、感覚的に知っていますよね。

つまり、より油汚れをすっきりと落とすには、セスキだけでなくお湯も用意した方が良いということです。


したがって、ナチュラルクリーニングで効率よく油汚れを落とすには、

  1. セスキを溶かしたお湯につけて、一旦、油汚れを浮かせる
  2. 食器をつけたセスキ水をスポンジに付け、こすり洗いをする
  3. 通常の食器洗い(石けんで洗う)を行い、水ですすぐ

がおすすめです。


お湯は熱湯でなくても、40℃くらいで大丈夫です。

効率よく油汚れを落とすことで、食器洗いの負担が減ると思います。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。


食器などのガンコな油汚れを落とすには、高い食器用洗剤を使うのも一つの手だとは思います。

けれども、コスパの面やすすぎのときの泡切れの悪さ、そして、身体のことを考えると、できればナチュラルクリーニングで食器洗いをしたいと考えている方もいらっしゃるかと思います。


今回は、油汚れに強いと言われている重曹とセスキを使用して、実際に食器に付いた油汚れを落としてみました。

結果は、セスキの方がより落とせるということが分かりました。


しかし、ガンコな油汚れにはセスキだけだと足りないので、セスキを溶かしたお湯につけ置きしてから洗った方が良いです。

なお、セスキは肌が弱い人は荒れやすいので、炊事用手袋をつけて作業するようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
掃除
Keiをフォローする
~うりずんの風~新しい話題を風に乗せて

コメント

タイトルとURLをコピーしました