食器用洗剤を固形石鹸に変えてみたら、想像以上でリピ買い確定!

掃除

今まで、食器用洗剤として合成洗剤を使っていました。

合成洗剤が無くなるタイミングが来たので、今回、前から気になっていた固形石鹸に変えることにしました。

固形石鹸を使ってみたところ、個人的には、想像以上の使い心地で、食器洗いも楽になったので、リピ買い確定です。

今回は、

食器洗いに固形石鹸を使うメリットは?

食器洗い用の固形石鹸の選び方は?


についてまとめていきたいと思います。

食器洗いに固形石鹸を使うメリットは?

そもそも合成洗剤とは?

一般的には、食器用洗剤として合成洗剤を使われていると思います。

この合成洗剤の定義は、主成分が合成界面活性剤が使われている洗剤のことを指します。

合成界面活性剤とは、石油などが原料に使われており、なかなか分解されないため、川や海を汚す環境破壊の原因となるものです。

合成洗剤には、合成界面活性剤以外にも、様々な添加物が含まれているので、人体には毒だと言われています。

固形石鹸のメリット

固形石鹸を使って食器洗いをするときは、スポンジを水で濡らし、固形石鹸にこすりつけるだけなので、簡単に使うことができます。

1週間くらい固形石鹸を使って食器洗いをしましたが、私が感じたメリットは

  • 泡立ちが良い
  • 使用量が少なくて済む
  • すすぎが早い
  • 安い合成洗剤より油汚れに強い
  • 肌に優しい
  • ふきんも簡単に洗える

です。

直前に使っていた合成洗剤がポンコツだったので、余計に使い心地の良さが際立ってしまった部分もありますが・・・

固形石鹸は100円程度で手に入りますので、合成洗剤と比較すると、非常にコストパフォーマンスが良いと思います。

泡立ちが良い

固形石鹸をスポンジに付けてもみ込むと、泡がもこもこと出来上がります。

この泡立ちの良さがとても好きです。

実は、固形石鹸に変える前に、某ホームセンターの安い洗剤を使っていたのですが、それが非常に泡立ちが悪かったんです・・・。

それもあって、非常に泡立ちが良いと感じている部分もある気がします(笑)

使用量が少なくて済む

スポンジに固形石鹸を数回こすりつけるだけで良いので、そんなに使う必要がありません

合成洗剤を使っていたときは、ボトルから出す洗剤の量をうまく調整することが出来ず、使いすぎることが多かったです。

すすぎが早い

合成洗剤のときは、すすいでも泡切れが悪く、ヌメヌメと残る感じが好きではなかったです。

すすぎ残しが心配だったので、すすぎに結構時間がかかっていました。

固形石鹸は、すぐに泡が消えるので、すすぎの時間が短くて済みます

安い合成洗剤より油汚れに強い

安い合成洗剤だと、油汚れがほとんど落ちませんが、固形石鹸は、それと比較すると油汚れをしっかり落とすことができます

中華などのギトギト油は、一度で完全に落としきるのは難しいですが・・・。

油汚れは、スポンジの泡をいっぱいにしてから洗うとより落ちやすかったです。

また、可能な限り、お皿などについたものはヘラなどで取り除き、事前にお湯をかけて油汚れを落ちやすい状況にしておくと、より落としやすくなります。

重曹やセスキを一緒に使うのも良いと思います。

肌に優しい

合成洗剤の場合、肌の脂がかなり落とされてしまうようで、洗った後は手がカサカサになりました。

固形石鹸は、カサカサが気にならないので、食器洗いが億劫ではなくなりました。

ふきんも簡単に洗える

合成洗剤でも洗おうと思えば洗えますが、大体、洗剤を出しすぎるので、ただでさえ泡切れが悪いのに、すすぎにものすごく時間がかかってしまっていました。

ふきんを固形石鹸で洗うときは、少量で泡立ちますし、泡切れもいいのですすぎに時間がかかりません

使い勝手がいいので、ふきんを洗う頻度が上がり、衛生面も向上したと思います。

食器洗い用の固形石鹸の選び方

食器洗い用の固形石鹸を選ぶ場合は、台所用の固形石鹸か手洗い用の固形石鹸にしましょう。

洗濯用ですと、食品添加物の基準に合わない着色料や香料などが入っている心配があるからです。

台所用の固形石鹸の表記は、食器洗い用やふきん洗い用などと書かれていることもありますが、どれでも大丈夫です。

私は、ホームセンターで見付けた、ミヨシの白いふきん洗いを使っています。

ソープディッシュは、すぐ使え、ぬめらず、手入れはすすぐだけで良い、スポンジタイプのものにしています。

近くのセリアで売っていたものです。

なお、合成洗剤から固形石鹸に切り替える場合、食器用のスポンジも新しくすることをおすすめします。

そのまま変えずにスポンジを使用すると、成分が混ざってしまい、固形石鹸の良さが100%引き出せなくなってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私が固形石鹸に切り替えたきっかけは、合成洗剤の使い心地があまり好きではなかったのとコスト面が私の価値観に合わなかったからです。

合成洗剤は、すすいでも洗剤のヌメヌメ感がなかなか取れないのが嫌で、すすぎ残して身体に合成洗剤の成分を取り込んだら良くないよな・・・と思ってました。

それに、洗浄力が良いのを選ぶとなると、必然的に高いものを選ばざるを得ないので、シンプルな生活を送っている私にとっては、コスト的にも納得ができない部分でした。

そんなときに色々調べた結果、固形石鹸に出会ったわけですが・・・

固形石鹸は、合成洗剤と比較しコストは大幅にダウン出来ましたし、すすぎにかかる時間も大幅に削減できました。

また、泡立ちも良く、汚れの落ちも良かったので、今では、食器洗いを固形石鹸に変えて本当に良かったと思っています。

想像の斜め上を行く固形石鹸を、良かったら試してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
掃除
Keiをフォローする
~うりずんの風~新しい話題を風に乗せて

コメント

タイトルとURLをコピーしました