トイレの掃除箇所を部分ごとに解説。クエン酸+重曹で綺麗にできる!

掃除

トイレ掃除はついついサボってしまう方も多いのではないでしょうか。

気付いたら、便器に輪ジミが出来ている・・・

黄ばみが気になる・・・

便座の裏や便器のフチに飛び散った跡が・・・

トイレの汚れの大半は、クエン酸と重曹ですっきり落とすことが出来ます

今回は、綺麗なトイレにする掃除方法を、部分別に解説していきます。

部分別、トイレを綺麗にする掃除方法

普段の掃除から大掃除でも使える掃除法を取り上げていきます。

トイレ掃除はアルカリ性の汚れが多いので、クエン酸をメインに使っていきますが、ガンコな汚れには重曹や酸素系漂白剤を使用していきます。

便器の内側

重曹をトイレブラシに振りかけ、便器をこすります

重曹がクレンザーの役割を果たすので、便器の内側のほとんどの汚れはこの方法で落ちると思います。

便器内の輪ジミ

重曹をつけたトイレブラシでこすっても落ちないガンコな輪ジミに関しては、次の方法で落とします。

  1. 便器内の水たまり部分に、トイレブラシを差し込み、何度か上下して水位を下げます。
  2. 輪ジミが出てきたら、60℃のくらいのお湯200mlに酸素系漂白剤を小さじ1杯程度を溶かし、輪ジミにかけて、水面が輪ジミにかぶるようにします。
  3. 2時間ほど放置した後、水を流します。

毎日トイレ掃除をしていなくても、それなりの頻度で掃除をしていれば、輪ジミはほとんど出来ないと思います。(水質の問題で出来やすいとかはあるかもしれませんが・・・)

あるとき、知人の依頼で、しばらく使っていなかったトイレを掃除したときは、輪ジミや赤カビが出来ていました。

赤カビはブラシでこすって落とせましたが、輪ジミはこすっただけでは完全に落としきれなかったので、この方法を使ってキレイに落としました。

便器の外側やふた

便器の外側に、クエン酸スプレーを吹きかけ、布で汚れを拭き取ります

黄ばみの酷い部分には・・・

黄ばみのひどい部分には、クエン酸パックを行います。

  1. 汚れの上にトイレットペーパーを置き、クエン酸スプレーをたっぷりと吹きかけて湿らせた後、30分ほど放置します。
  2. トイレットペーパーで汚れをこすり、トイレットペーパー流します。

便器の付け根

便器の付け根にクエン酸スプレーをたっぷりと拭きかけ、布で汚れを拭き取ります

ガンコな便器の付け根の汚れ

ガンコな便器の付け根の汚れには、クエン酸パックが有効です。

  1. 便器の付け根部分にトイレットペーパーを置き、クエン酸スプレーをたっぷりと吹きかけ、30分ほど放置します。
  2. トイレットペーパーで汚れをこすり、トイレットペーパーを流します。
  3. クエン酸を振りかけた歯ブラシなどでこすり落とした後、布で拭き取ります。

蓄積した汚れの場合、1回だけでは落ちないかもしれませんので、その場合は再度、この手順を最初から行ってください

ちなみに、便器の付け根部分の汚れは、ニオイの原因にもなるそうです。

見落としがちな部分ですが、定期的に掃除をしたい部分です。

便座

便座の表裏ともに、クエン酸スプレーを行い、布で拭き掃除をします

便座の汚れのこびりつきがひどい場合

尿などのこびりつきがひどいときは、重曹も使っていきます。

  1. クエン酸スプレーを吹きかけた後、重曹を振りかけたトイレットペーパーでこすり落とします。
  2. 最後に、トイレットペーパーを流します。

今の家は、温水洗浄便座はついていないので、便座シートを貼っています。

便座シートの粘着部分の素材が便座についてしまい、黒っぽい汚れがついてしまいました。

流せるトイレのシートで拭いても全く取れませんでしたが、この掃除方法を試したところ、重曹で黒っぽい汚れを簡単に落とすことが出来ました

便座裏のゴム部分の汚れ

便座裏のゴム部分には、酸素系漂白剤でパックします。

  1. 40℃くらいのぬるま湯200mlに、小さじ1杯程度の酸素系漂白剤を溶かします。
  2. トイレットペーパーを浸し、ゴム部分に貼り付けます。
  3. 30分ほど放置した後、トイレットペーパーをはがして流します。
  4. 布で水拭きをします。

見落としがちなゴム部分ですが、酸素系漂白剤を使うと簡単に綺麗にすることができます。

さらに、余った酸素系漂白剤の溶液は、トイレブラシの漂白に使います

  1. いらない容器に酸素系漂白剤の溶液を入れ、トイレブラシを2時間ほどつけて置きます。
  2. 漂白し終わったトイレブラシを、水たまり部分ですすぎ、水を切ってケースに戻します。
  3. 酸素系漂白剤の溶液を流します。

トイレブラシは、汚れるものだと思って汚れを落とすことを諦めがちですが、漂白すれば綺麗な状態に戻せます。

洗浄便座機能付きのノズル

ノズルの洗浄機能がない場合は、次の掃除を行います。

  1. ノズルをトイレットペーパーで包んでゆっくりと引き出します。
  2. トイレットペーパーにクエン酸スプレーを吹きかけ、拭き取ります。
  3. ノズルをゆっくりと戻します。

手洗い鉢

手洗い鉢の掃除は、蛇口を含めた全体部分にクエン酸スプレーを吹きかけ、布でこすります

汚れがひどい場合

落ちづらい汚れには、重曹を使います。

  1. 全体にクエン酸スプレーを吹きかけた後、布に重曹を振りかけ、こすり落とします。
  2. 手で手洗い鉢全体に水をかけ、重曹を流します。
蛇口部分

蛇口部分は、全体にクエン酸スプレーを振りかけ、布で拭き上げます

蛇口の根元部分は、クエン酸スプレーを吹きかけた後、歯ブラシに重曹を振りかけ、こすり落とします

蛇口の先は、水垢がこびりついていますので、クエン酸パックをして、汚れを緩めます。

  1. クエン酸スプレーを蛇口の先に吹きかけます。
  2. 布を巻き付け、再度、クエン酸スプレーをたっぷりと吹きかけます。
  3. 2時間ほど放置した後、こすり落とします。
    メラニンスポンジや、
    硬いプラスチックの板などでこすると、取りやすいです。

最初、水垢をメラニンスポンジを使って落とそうとしたんですが、ガンコすぎてビクともしませんでした。

そこで、使わなくなったカードで削ったところ、水垢を落とすことが出来ました。

蛇口の裏側などにもついている場合は、マイナスドライバーの方が狭い所でも落としやすいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回のトイレ掃除の方法は、普段の掃除で行う簡単なものから、大掃除レベルのものまで紹介しました。

ガンコな汚れは、一度掃除しただけでは落としきれないこともあります。

諦めずに根気よく続けていけば、少しずつですがガンコな汚れは落ちていきます

また、クエン酸は、アンモニア臭を消す効果がありますので、普段から使用後には吹きかけておくと、嫌なニオイがなくなりますので、おすすめです。

ちなみに、トイレが汚いと、風水的に運気が下がるとも言われています。

トイレを綺麗な状態にリセット出来たら、汚れをため込まないように意識し、運気アップもしていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました