エンタメ

芸能人

滝藤賢一の筋肉美を集めた写真7選!40歳からアクション俳優を目指してトレーニング中だった!

滝藤賢一さんは細身のイメージですが、脱ぐと細マッチョの筋肉美の身体の持ち主です。パーソナルトレーニングを受けたり、ジムに通ったりして筋肉を鍛えていますが、役作りのとき以外は特に食事制限をすることはないそうです。また、キックボクシングやブラジリアン柔術なども行い、アクション俳優を目指してトレーニングにも励んでいます。
芸能人

滝藤賢一が芸能界一の多肉植物マニアになった理由とは?家のベランダには300鉢以上!

俳優の滝藤賢一さんは芸能界屈指の植物マニアとして知られ、家のベランダには300鉢ほどの植物を所有し、特に多肉植物がお気に入りで、100鉢以上あるそうです。植物マニアになったきっかけは、お気に入りの服屋で見付けたキセログラフィカに出会い、手間をかけて育てたことからでした。植物を愛でる時間は、無になれる時間なんだそうです。
芸能人

滝藤賢一のおしゃれな私服写真60選!家族愛に満ちたファッションのヒントは映画から得ていた!

おしゃれ俳優として有名な滝藤賢一さんは、自身の私服をまとめた初のスタイルブックを出すなど、ファッションセンスが話題となっています。映画の影響で小さい頃から服が好きになり、現在でも趣味の一つに挙げています。そして、身に着けるアクセサリーには意味を持たせており、愛妻家・家族愛・子煩悩の象徴と言えるでしょう。
芸能人

滝藤賢一の妻は管理栄養士でデキちゃった婚だった!愛妻家だけど家出したりと複雑な夫婦仲は本当?

滝藤賢一さんは、2009年に一般女性と結婚していますが、デキちゃった婚でした。奥さんは栄養士の資格を持っており、食事面で支えてくれているんだとか。現在は、3男1女をもうけており、TVなどで微笑ましい愛妻家のエピソードを披露しています。その一方で、奥さんと衝突してしまい家出することもあるそうで、複雑な夫婦仲の様です。
スポーツ

福原愛は料理上手って本当?実は研究熱心で和洋中何でも作れてレパートリーが豊富だった!

福原愛さんは、料理好きと公言しており、SNSに料理の写真をアップしています。料理に関しては研究熱心で、幅広いレパートリーを持っており、料理の腕前はかなりのものです。福原愛さんの料理スキルは、周りに教えてくれる人がいたことと現役時代の様々な国に行って現地の料理を食べたことにより培われたと推測されます。
スポーツ

福原愛が琉球アスティーダの社外取締役に就任した背景は?チームには元夫・江宏傑が所属していた!

福原愛さんがTリーグに所属する沖縄の「琉球アスティーダ」の社外取締役の候補者に選出されました。選出理由は、 琉球アスティーダの今後のアジア戦略で、中国をはじめとしたアジア各地で有名な福原愛さんの知識や経験が必要不可欠だったからです。 琉球アスティーダは福原愛さんの元夫の江宏傑さんが所属していたチームでもあります。
スポーツ

福原愛が青森大学の客員准教授に就任した背景は?講義では世界で活躍した自身の経験を伝える内容に!

卓球元日本女子代表の福原愛さんが、出身校の系列校である青森大学の客員准教授に就任しました。教壇に立ったりオンラインで、国際交流や国際コミュニケーションをテーマに講義を行っていく予定と言われています。福原愛さんの世界で活躍した卓球での経験と中国での滞在経験をベースにした内容で授業を行っていくようです。
スポーツ

福原愛が考案したボーダレス卓球台の特徴は?楕円形にして高さを低くしたことで多くの人が楽しめるものだった!

福原愛さんは、車いす生活になってしまった母・千代さんにまた卓球を楽しんでもらおうという親孝行の想いから、ボーダレス卓球台を考案しました。ボーダレス卓球台の特徴は、公式の卓球台と比較すると2/3くらいのサイズとなっており、楕円形の台や高さを低くしています。そうすることで、幅広い年代の人や車いすの人も楽しめるそうです。
スポーツ

新庄剛志ヤバい伝説18選!記録より記憶に残る男の魅せ方がすごい!

新庄剛志さんと言えば、選手としても一流でしたが、話題の多さから「記録より記憶に残る選手」として有名でした。持ち前の明るくて人懐っこい性格とスター性があり、現役時代は華のある選手として知られていました。実は努力家として知られる新庄剛志さんには、数々の伝説が存在します。高校時代、プロ時代、引退後の伝説をまとめました。
スポーツ

新庄剛志の全盛期はいつ?現役時代は勝負強い打撃と強肩を活かした守備とスター性が魅力!収入面や人気面は?

北海道日本ハムファイターズの監督に就任し、話題となっている新庄剛志さん。選手としての全盛期は2000年頃だと考えられます。また、収入面の全盛期は時期は不明ですが、プロ時代の最高年収13億円だったそうです。人気面の全盛期は、現役時代の最後を過ごした日本ハムのときでしょう。監督としての活躍が非常に楽しみではないでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました